サーチコンソール認証ID、アナリティクスコードの確認方法

サーチコンソール認証ID、アナリティクスコードの確認方法

こんにちは。この間テーマ変更をしてからなんだかWordPressが楽しい、ろくです。

テーマ変更をしたので、再度Googleサーチコンソールとアナリティクスの設置をしておこうと思います。

テーマのカスタマイズからサーチコンソールID及びアナリティクスコードを設定する方法(テーマにより異なる)と、<head>内にHTMLコードを挿入する方法の2通りメモしておきます。

◎ちなみに登録した際の記事はこちら


さっそくサーチコンソールの認証IDの確認をしようと思いましたが、どこに書いてあるのか分からず…!

Googleサーチコンソール先生のヘルプにお世話になりました。

Search Consoleヘルプ :サイトの所有権を確認する(https://support.google.com/webmasters/answer/35179?hl=ja)

を見ると、とってもシンプルな手順で確認ができました(^^;

 

1.サーチコンソールの管理画面よりIDを確認したいサイトURLをクリック

seachconsoleset1

2.右上歯車アイコン→ユーザーとプロパティ所有者
seachconsoleset2

 

3.プロパティ所有者の管理

seachconsoleset3

4.別の方法で確認する
seachconsoleset4

 

5.HTMLタグにチェックを入れ、contents=の後の部分をコピー(この部分が認証ID)

6.テーマのカスタマイズを使って設置する場合(テーマによって違いあり)
≪WordPress管理画面≫外観→カスタマイズ

 

7.アクセス解析設定[LION用]をクリック

 

8.Google Search Consoleの認証ID欄に張り付け、公開して設定を保存。
→5.のサーチコンソール画面に戻り、”確認”をクリックすれば完了!

 

9.≪<head>内にHTMLコードを挿入する場合≫
【5.】のHTMLタグをすべてコピー(赤丸の部分)

10.≪WordPress管理画面≫外観→テーマの編集→右側のテーマファイル一覧より(header.php)を選択。
</head>の上に貼り付け、ファイルを更新でOK!

 

◎ちなみに私は子テーマを使っていてheader.phpが無かったので親テーマから持ってきました!

Googleアナリティクストラッキングコードの確認

アナリティクス管理画面→左メニュー管理→トラッキング情報のトラッキングIDをコピー

後の設置手順はサーチコンソールと同じ。

 

12.header.phpを編集したら、ファイル更新を忘れずに☆

wordpressカテゴリの最新記事