サーチコンソール登録、認証IDの確認方法

wordpress

「Google Search Console」に登録

記事内容更新いたしました(2020/06/14)

「Google Search Console」はブログの検索トラフィックを確認したり、サイトマップの送信、インデックスリクエストなど無料で利用できるブログ運営にとても便利なツールです。

この記事ではサーチコンソールのプロパティ追加方法、認証IDの確認方法についてまとめました。

Search Consoleへプロパティを追加

まずはサーチコンソールへGoogleアカウントでログイン。
Googleアカウントを持っていない場合はまずはそちらを作成しログインします。

左上プロパティ欄をクリックし、新しくサイトプロパティを追加

◎プロパティタイプの選択

URLプレフィックスを選択しサイトURLを入力。
URLプレフィックスではhttp,https,wwwのありなしなどを別々に分けてデータを管理します。
ドメインの方は全部まとめて管理ができますが、アナリティクスなど後々URLプレフィックスの方が設定しやすそうだったのでプレフィックスを選びました。

◎所有権の確認画面

その他の確認方法からHTMLタグを選択。
メタタグをコピーし<head>に貼り付けるか、ワードプレス利用の場合はテーマによって簡単に設定できます。

私はワードプレステーマCocoonを利用しているのでCocoonを使った場合で解説します。

メタタグの中の(content=”○○○○○○○○○○○○○○○○” />)
content=以下の部分が認証コードになるのでこの部分をコピーします。

最後のほうが隠れているのでメモ帳などに張り付けてその部分だけコピーするとやりやすいです。
サーチコンソール画面は確認作業が残っているのでこのまま開いておきます。

WordPressへSearch Console認証ID追加

◎ワードプレス管理画面へログイン
Cocoon設定→アクセス解析・認証→Google Search Consoleのサイト認証欄に先ほどコピーした認証IDを貼り付けます。
テーマごとに設定画面は違いますが、Cocoonの場合はここで設定ができます。

認証IDを貼り付けたら保存ボタンを押し、サーチコンソール画面へ戻ります。
確認ボタンをクリックし所有権が証明されれば完了です。

所有権管理状況、認証IDの確認方法

現在の所有権確認状況、認証IDについては左メニュー設定から確認できます。

ユーザーと権限から一番右の点々をクリックしプロパティ所有者の管理画面へ。

履歴や所有者リストが確認できます。別の方法で確認するをクリック

確認方法一覧が出てくるので、HTMLタグへチェックをいれ認証コードの確認をしたり、別の方法でも確認を行っておくこともできます。

以上、サーチコンソール登録、ワードプレステーマへの認証ID追加についてでした!

旧サーチコンソールでの確認方法

以下は以前に旧サーチコンソール管理画面で認証IDを確認した時の手順です↓

一応残しておきます。旧バージョンをお使いの方はこちらの方がわかりやすいかもしれません。

——————————————————————————-

Search Consoleヘルプ :サイトの所有権を確認する(https://support.google.com/webmasters/answer/35179?hl=ja)

1.サーチコンソールの管理画面よりIDを確認したいサイトURLをクリック

seachconsoleset1

2.右上歯車アイコン→ユーザーとプロパティ所有者
seachconsoleset2

3.プロパティ所有者の管理

seachconsoleset3

4.別の方法で確認する
seachconsoleset4

5.HTMLタグにチェックを入れ、contents=の後の部分をコピー(この部分が認証ID)

6.テーマのカスタマイズを使って設置する場合(テーマによって違いあり) 画像は[LION]テーマの場合です。
≪WordPress管理画面≫外観→カスタマイズ

7.アクセス解析設定[LION用]をクリック

8.Google Search Consoleの認証ID欄に張り付け、公開して設定を保存。
→5.のサーチコンソール画面に戻り、”確認”をクリックすれば完了!

9.≪<head>内にHTMLコードを挿入する場合≫
【5.】のHTMLタグをすべてコピー(赤丸の部分)

10.≪WordPress管理画面≫外観→テーマの編集→右側のテーマファイル一覧より(header.php)を選択。
</head>の上に貼り付け、ファイルを更新でOK!

◎ちなみに私は子テーマを使っていてheader.phpが無かったので親テーマから持ってきました!

 
◎Googleアナリティクストラッキングコードの確認

アナリティクス管理画面→左メニュー管理→トラッキング情報のトラッキングIDをコピー

後の設置手順はサーチコンソールと同じ。

12.header.phpを編集したら、ファイル更新を忘れずに☆

コメント

  1. takku より:

    サーチコンソールのIDコードが知りたかったので、助かりました!
    ありがとうございます^^

    • roku より:

      takkuさんはじめまして^^
      微力ですがお役に立てたようで嬉しいです。
      こちらこそ、ご訪問ありがとうございました!

  2. キャシー より:

    サーチコンソールのIDコードってどこにあるの??
    と探していたので役に立ちました!

    ブログもライオンブログだったので、同じやり方でスムーズにできました!

    ありがとうございます!!!

    • roku より:

      キャシーさんはじめまして☆
      こんな記事ですがお役に立ててとっても嬉しいです♪
      コメントありがとうございました!

  3. […] ・search console IDの取得方法は、こちらのサイト(https://rokuiroblog.com/seachconsole2/)を参考にしてください。 […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました