サーチコンソール認証ID、アナリティクスコードの確認方法

サーチコンソール認証ID、アナリティクスコードの確認方法

こんにちは。この間テーマ変更をしてからなんだかWordPressが楽しい、ろくです。

テーマ変更をしたので、再度Googleサーチコンソールとアナリティクスの設置をしておこうと思います。

◎ちなみに登録した際の記事はこちら


さっそくサーチコンソールの認証IDの確認をしようと思いましたが、どこに書いてあるのか分からず…!

Googleサーチコンソール先生のヘルプにお世話になりました。

Search Consoleヘルプ :サイトの所有権を確認する(https://support.google.com/webmasters/answer/35179?hl=ja)

を見ると、とってもシンプルな手順で確認ができました(^^;

今は管理画面の仕様が変わってますね(汗 2020年2月

一応新しいサーチコンソールでの認証IDの居所だけメモ

1.左メニュー設定→所有権の確認の「>」をクリック

私は前回所有権を確認した際にHTMLタグを使って確認したので使用した確認方法欄がHTMLタグに。

HTMLタグで確認済みなのでクリック出来ずえーーっとなっているとドメイン名プロパイダのところにものってました

サーチコンソール設定2

google-site-verification=の後の部分が認証IDですね

サーチコンソール3

新しい管理画面慣れるまで苦戦しそう…

——————————————————-

以下は旧サーチコンソール管理画面で認証IDを確認した時の手順です↓

1.サーチコンソールの管理画面よりIDを確認したいサイトURLをクリック

seachconsoleset1

2.右上歯車アイコン→ユーザーとプロパティ所有者
seachconsoleset2

3.プロパティ所有者の管理

seachconsoleset3

4.別の方法で確認する
seachconsoleset4

5.HTMLタグにチェックを入れ、contents=の後の部分をコピー(この部分が認証ID)

6.テーマのカスタマイズを使って設置する場合(テーマによって違いあり)
≪WordPress管理画面≫外観→カスタマイズ

7.アクセス解析設定[LION用]をクリック

8.Google Search Consoleの認証ID欄に張り付け、公開して設定を保存。
→5.のサーチコンソール画面に戻り、”確認”をクリックすれば完了!

9.≪<head>内にHTMLコードを挿入する場合≫
【5.】のHTMLタグをすべてコピー(赤丸の部分)

10.≪WordPress管理画面≫外観→テーマの編集→右側のテーマファイル一覧より(header.php)を選択。
</head>の上に貼り付け、ファイルを更新でOK!

◎ちなみに私は子テーマを使っていてheader.phpが無かったので親テーマから持ってきました!

Googleアナリティクストラッキングコードの確認

アナリティクス管理画面→左メニュー管理→トラッキング情報のトラッキングIDをコピー

後の設置手順はサーチコンソールと同じ。

12.header.phpを編集したら、ファイル更新を忘れずに☆

wordpressカテゴリの最新記事