WordPress子テーマ利用中のheader.php編集方法(FFFTP)

wordpress

親テーマのバージョンアップなどの影響を受けずに
テーマをカスタマイズ出来る大変便利な『子テーマ』ですが、、、

headerの編集をしたい!というときにテーマ編集画面を
開いてもheader.phpがない、という難点が。

今回、FFFTPソフトを使って親テーマのheader.phpを子テーマに
持ってくるという作業をしたのでメモ書きしておきます。

 

FFFTP新規ホスト作成

サーバーにあるheader.phpのファイルをいったんPCに
ダウンロードする為にFFFTPソフトを使用。
久しぶりに使ったのでホストの設定から手間取りました…笑

新規ホスト作成でホスト名とか何を入力したらいいの?となり
利用中のロリポップのヘルプを検索。
するととっても丁寧に説明がありました。さすが初心者に優しいロリポップ!

ユーザー専用ページの左メニューからユーザー設定→アカウント情報を開き

■サーバー情報 という欄に記載の情報をホストの設定で使用

ホストの設定名(T):好きなものでOK
ホスト名(アドレス):”FTPSサーバー”のアドレスを入力
※「FTPサーバー」と間違えないよう注意!
ユーザ名(U):”FTP・WebDAVアカウント”を入力
パスワード/パスフレーズ(P):”FTP・WebDAVパスワード”を入力
ローカルの初期フォルダ(L):作成したホームページデータがあるディレクトリ(任意)
ホストの初期フォルダ(R):サーバー側にあるディレクトリ(任意)

ホストの設定の上タブから暗号化を開き
「FTPS(Explicit)で接続」のみチェックを入れてOKをクリック。

これでホストの新規作成が完了。

サーバーのファイルへ接続できるようになりました。

header.phpを親テーマから子テーマに持ってくる作業

流れとしたら、親テーマへ接続しheader.phpをPCへダウンロード、
そのダウンロードしたheader.phpを子テーマの方へアップロード、という感じですね。

①FFFTPを開き、ホスト一覧から前回設定したホストを選択し接続。

左側が自分のPC、右側がサーバーのファイルです。

ワードプレスでインストールしたテーマは
wp-contentの中のthemesというフォルダの中にあります。

親テーマのフォルダを開きheader.phpを選択。
上部アイコンから↓矢印をクリックしPCへダウンロード

てきとうにC:のUserフォルダに新規フォルダを作りそこにダウンロードしました。

親テーマからheader.phpをダウンロードしたら、次は子テーマへアップロード。

画面を戻り、子テーマのフォルダを開きPC側で先ほどダウンロードしたheader.phpを選択。
次は↑矢印でアップロード

するとサーバー側にheader.phpがアップロードされました

ワードプレスで確認すると無事テーマ編集画面でheader.phpが編集できるようになりました!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました